結果が分かっていても面白かった。

 

<試合の所感>

ボール回しのテンポは遅いが、パスが足元に収まっており、アバウトなボールが少ない。

展開がダイナミックでロングボールを蹴り込むシーンが多かった。

ミスが少ない。しかも、その少ないミスをお互いに見逃さない。

球際の厳しさは今より厳しい。

お世辞ではなく、市川選手の攻め上がりは脅威。

逆にアレックス選手はあんなもんじゃない、ジュビロ磐田の戦術は見事。

 

<個人的な感想>

みんな若い。

昔沢登さんがゴトビさんを批判した理由がよく分かる。

このチームはサイド攻撃が長所だけど、沢登選手やサントス選手にボールが渡ると久保山選手か安永選手が下りてきてパスを受ける。つまり、敵がサイドに寄ると真ん中を効果的に使うということで戦術の幅がある。

ゴトビさんは、FWが下りてくることを嫌った。

それは、サイドから攻撃するなら当然FWは真ん中にいるべきという基本に忠実な考えだけど、理論先行であり沢登さんは実体験に基づき意見を述べている。

両者は折り合いが悪かったと考えるが、それは目指す部分が似ていたのに、思考方法が違ったためなのだと感じた。

ジュビロ磐田は当時控えも含めて日本人で構成されていたのに驚いた。

全盛期なので代表クラスの選手が沢山いる位の認識はあったが、まさか外国籍選手を使っていなかったとは思わなかった。

まあ、中山選手&高原選手を超えるFW呼ぶとかどれだけ費用掛かるのか想像つかないですけどね。

 

<まとめ>

結果的に栄冠はジュビロ磐田に転がっていったけど、両チームとも完成されており静岡贔屓目線が無くても良い試合だった。

そして、この凛として張りつめた空気感、緊張感が静岡ダービーなのだと感じました。

いつの日か、またジュビロ磐田と優勝を懸けた決戦をしたい。