清水エスパルスシンクタンク

清水エスパルスの試合内容以外の部分、会社の姿勢や選手監督スタッフの評価などを文化人類学的なアプローチで語る。

タグ:開幕戦

もうすでに満員に限りなく近いと評判ですが、一応宣伝しておきます。
この試合ではJリーグ開幕を記念して、ご来場の方 先着17,000名様に「特製卓上カレンダー(非売品)」をプレゼントいたします!

https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/44473/200215_2

先週のJ1リーグ開幕戦を引き分けという最低限の結果で終えた反面、エース北川選手のゴールで景気よく始まったという印象です。
今週末行われるホーム開幕戦では、前節横浜Fマリノスと壮絶な撃ち合いの末惜しくも敗れたガンバ大阪を迎えます。
ガンバ大阪は、3失点したことから守備の隙は多いのではないかと予想します。
しかし、ホーム日本平スタジアムでガンバ大阪に勝ったのは、2017年くらいしか記憶にないため、かなり厳しい闘いになると考えます。
ホームでは勝ち点3を得ることが優勝するチームの絶対条件なので、選手には強い気持ちで試合に臨むことを期待しています。
また、前節負傷退場したGK六反選手、不整脈で治療中のドウグラス選手が出場できるのか?
アンダー世代日本代表の滝選手、(ユース育ち)大卒ルーキーの西澤選手、六平選手の出場機会があるのかは注目です。
優勝を望むなら、開幕5試合で勝ち点10は欲しいので、少なくともホームは必勝でお願いします。(残留争いのボーダーは5試合で勝ち点6)

最後に、チケット代値上げしたことで資金力に余裕が生まれたのか、ドウグラス選手に対する中国からのオファーをクラブは蹴ったとのことでした。
喜ばしい限りです。

もーいくつ寝ると、開幕戦♪

サンフレッチェ広島からすると新旧監督対決ですが、清水エスパルスとしては話題性
の欠片も無い地味な開幕戦となりました。
しかし、個人的には昨年J1リーグで大暴れした高さと決定力のあるFW(パトリック選手)を相手に、うちのCB2人ないしは3人がどこまでやれるのか楽しみにしています。

今年はチケット代を値上げしたこともあり、ホーム開幕戦のチケット売り上げが伸び悩んでいるように見受けます。
したがって、収益確保のために是が非でもアウェー開幕戦を圧勝し、清水侮り難しとの評判を高めホーム開幕戦は満員のスタジアムで開催してもらいたいです。

とはいえ、長いシーズン最初から怪我してもらっては困るので、選手達においては気合十分でも頭は冷静でお願いします。
また、勝敗は兵家の常なので、チームとしてはアウェーらしい戦い方でしぶとく勝ち点を奪って欲しいです。
最後に、西澤選手の開幕スタメンを期待していることを明記して、この駄文を終えたいと思います。

↑このページのトップヘ