日にち 対戦相手 スタジアム 勝敗 勝点 清水勝点
積算
勝点50
ペース
勝点40
ペース
第1節 2月25日(日) 鹿島アントラーズ アイスタ △ 0-0 1 1 1 1
第2節 3月3日(土) ヴィッセル神戸 ノエスタ ○ 4-2 3 4 3 2
第3節 3月10日(土) 北海道コンサドーレ札幌 札幌ド ○ 3-1 3 7 4 4
第4節 3月18日(日) ベガルタ仙台 アイスタ △ 1-1 1 8 6 5
第5節 3月31日(土) 横浜F・マリノス アイスタ ● 0-1 0 8 7 6
第6節 4月7日(土) ジュビロ磐田 エコパ △ 0-0 1 9 9 7
第7節 4月11日(水) V・ファーレン長崎 アイスタ ● 0-1 0 9 10 8
第8節 4月15日(日) 浦和レッズ 埼玉 ● 1-2 0 9 12 9
第9節 4月21日(土) FC東京 アイスタ ● 0-1 0 9 13 11
第10節 4月25日(水) 名古屋グランパス パロ瑞穂 ○ 3-1 3 12 15 12
第11節 4月28日(土) 柏レイソル アイスタ ○ 2-1 3 15 16 13
第12節 5月2日(水) サンフレッチェ広島 Eスタ ● 0-2 0 15 18 14
第13節 5月6日(日) サガン鳥栖 ベアスタ ● 1-3 0 15 19 15
第14節 5月12日(土) 湘南ベルマーレ アイスタ ○ 4-2 3 18 21 16
第15節 5月20日(日) 川崎フロンターレ 等々力 ● 0-3 0  18 22 18

 


シーズン前に、5試合で勝ち点6~7ペースというのを目安に挙げていました。

そこで、↑の表から我らが清水エスパルスは現在位置を振り返ると、9節で一度だけ残留ラインより落ちましたが、それ以外の全節で残留ラインより少しだけ上を走ることができているという現状を確認できます。

 

現時点での最低限残留ラインの勝ち点は確保しているので、次節川崎戦は挑戦者の気持ちを胸に勇敢に戦って欲しいものです。

 

しかし、今のペースですとJ2降格こそしないけれども、目標とした一桁順位は夢のまた夢となります。

長かった連戦もあと2試合で終わり、その後約2カ月の中断期間のうちに各クラブは戦力の見直し戦術の軌道修正等立て直しを行います。

清水エスパルスも、一桁順位という目標を達成するためには、色々とやることあると考えます。

 

↓エスパ関連の楽しい記事はこちらから。
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村