2019年度戦績>
リーグ戦11176分勝ち点39得点45失点69得失点差-24

ルヴァンカップ予選敗退

天皇杯ベスト4

2019年シーズンを一言で総括すると、不満且つ大失敗だったと確信を持って言えます。

無責任に責任を取って辞めろとは言わないが、責任の所在と賞罰ははっきりさせといた方が良いと感じました。

なお、20191224日発表で大熊氏のGM就任発表があり、組織としてのけじめはつけた格好になりました。 

目標設定を「トップ5」とし、チケット代を値上げし、強化費を捻出するというサポーターに直接的な出費を強いたうえに、席割も大幅に替えてより高い席を増やしたにも係らず残留争いという結果にお世辞にもよくやったとはとても言えないです。

シーズン前の期待値は高かったのに、ドウグラス選手の不調、立田選手を中心とした3バックへの挑戦、補強した選手の不調&放出等、予想外の事態ばかりで正直どこから指摘していいのやら誤算ばかりが目立った前半戦でした。

しかしながら、ヤン監督を早々に見切り篠田監督体制により立て直しを図ってからの補強は良かったと考えています。

せっかく補強した吉本選手の負傷、ドゥトラ選手の調整不足等誤算があったにも係わらず総じて残留へ向けた手は先手を常に取っていた印象です。

来期に向けては、GKを含めてDFの補強が第一だと考えます。

もちろん、現有戦力の維持が前提ですが、対人に強いCBで昔清水エスパルスに所属していた選手で言うとボスナー選手やカルフィン・ヨン・アピン選手のような選手の獲得が望ましいです。

なお、一部報道で噂のブラジル人GKですが、外国籍GK自体は補強の選択肢として有りだと考えています。

特に清水エスパルスは現在過度のブラジル人頼みのサッカーになっているので、意思疎通の面からもむしろプラスでないかと感じました。

それと、長年競争相手が無く出場機会に恵まれている左SBに対して刺激を与える意味で、補強した方が良いかなと考えます。

中盤や前線も金銭的に余裕があれば全部補強したいですが、とにかくJ1リーグ屈指のザル守備を何とかしなければ、今年のような奇跡的な残留はドウグラス選手の出来次第となること間違いなしです。

最後に、私事ですが今期負けると本当に腸煮えくり返ってお酒が咽喉を通らないような事態が頻発しました。言うまでも無く、夏場以降のホームゲームで起きた数々の惨劇のことですが、別に嫌いでなかったチームが親の仇のように大嫌いになったりして、Jリーグの発展を阻害し、その理念を冒涜しているように感じます。
別に全勝して優勝しろとは言いません、勝負の世界なので勝敗は常に表裏一体と理解しているつもりです。

なので、負けるにしても悔しかったと思えるような抵抗は常にして欲しいと切に願います。

 


↓エスパ関連の楽しい記事はこちらから。
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村