清水エスパルスシンクタンク

清水エスパルスの試合内容以外の部分、会社の姿勢や選手監督スタッフの評価などを文化人類学的なアプローチで語る。

2018年10月

20181027日に埼玉スタジアム2002で行われたルヴァンカップ決勝は、湘南ベルマーレの初優勝で幕を閉じました。

優勝賞金15000万円からJリーグの制裁金600万円を引いた14400万円が、ルヴァンカップにおける湘南ベルマーレの取り分となる訳だが、結果的に優勝したチームから(最強チームでないための)制裁金を取る羽目になったJリーグ側関係者は、心底げんなりしていただろうとお察しします。

 

最強のチームの定義は、補足基準でカテゴリーごとに定められており、J1リーグでは以下の通り。

「J1リーグ戦およびリーグカップ戦における先発メンバー11人は、プロA契約選手または外国籍選手を合計6名以上含まなければならない」と明記されています。

 

以前から、数多の監督や有識者、ファン、クラブ関係者から廃止を訴えられても頑なに拒んできたベストメンバー規定の主な目的は、totoなどに絡む八百長試合・無気力試合の防止、スター選手のプレーを目的に観戦に訪れるファン・サポーター、または資金を提供してくれるスポンサーへの配慮などです。

 

しかし、Jリーグが各クラブの経営方針や監督の専権事項である選手選考に直接的に口を出すことができるこの規程の存在は、各クラブにとって目の上のコブに他ならないと考えます。

特に、(清水エスパルスは蚊帳の外なのが残念だが)ACLに出場するクラブにとって、この規程のために使いたくない主力選手を連戦で酷使することがままあるため、嫌な思いをすることが多いだろうなと考えます。

 

さらに、これは個人的な考えですが、主力組(A)と控え組(B)でホームとアウェーを交互に戦うという割り切った戦略も、中堅規模以上ならあり得ると考えます。

特に、優勝より残留が第一目標で中長期的に育成を伸ばそうと考えているクラブは、前半戦をABローテーションで戦い、(その結果を踏まえた)後半戦に勝負を掛けるような戦い方など、目の前の勝敗に目をつぶるようなリスクのある戦い方に挑戦することもできます。

 

つまり、クラブ経営における戦略をJリーグが縛っているという現実を問題視して欲しいと考える次第です。

例えば、今週から来週にかけて行われるACL決勝を戦う鹿島アントラーズは、嫌でもターンオーバーをすると考えます。

そんな時に、Jリーグとしてバストメンバー規程が足かせとなり大胆な選手起用を妨げることになる可能性があるということです。

 

今回、湘南ベルマーレが優勝したことで、この規程がもう少し緩くなるか廃止されることを切に願います。

 

「クリスラン選手 帰国のお知らせ」

https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/41265/ 

クリスラン選手が10月20日広島戦にて負傷したケガの治療のため、昨日ブラジルに帰国しましたので、お知らせいたします。

なお、本人よりコメントが届いております。
「今シーズン最後までプレーすることができないことは残念ですが、清水エスパルスで仕事をするチャンスをいただいたことには、とても感謝しています。
選手、スタッフの皆さん、残りのシーズンも良い試合をして、目標に向かって頑張ってください!チームの活躍を願っています。
そして、サポーターの皆さん。今シーズンより加入した私を、良いときも苦しいときもサポートしていただき、ありがとうございました!
私はケガの治療でブラジルに帰りますが、ブラジルよりエスパルスの成功を心から祈っています」
~清水エスパルス公式HP2018.10.25発表~



帰ってこない人の挨拶のような気がするけど、クリスラン選手は期限付き移籍のため、怪我して戦力にならない選手にお金を払う理由は無いので、まあ仕方ないかなとも考えます。

ただ、これは考え方ですがクリスラン選手を保有しているSCブラガ(ポルトガル)は、クリスラン選手を戦力として計算できずトンデラ→仙台→清水と毎年期限付き移籍させているのも事実です。

そんな中怪我で8ヶ月サッカーができないとなれば、現在クリスラン株は暴落していると思って間違いありません。

つまり、今なら完全移籍で買い取れる可能性があると考えます。

もちろん、(来年夏くらいまで復帰できないため)清水エスパルスにとってリスクも大きいですが、来期から外国人枠の拡大がほぼ確実に行われるため、どこのチームも助っ人外国人の確保に熱心になることが予想されるわけで、外国人ガチャに頼るより清水のサッカーに馴染んでいるクリスラン選手を継続雇用する方が安上がりではないかという考え方もありかなと思う次第です。

今シーズンの外国人枠選手は、概ね期待に応えているため金銭的な折り合いさえつけば全員継続だと思っていましたので、どう転ぶのか興味深く見守りたいです。

クリスラン選手、今シーズンはお疲れ様でした。

「Adeus,Crislan!Até a próxima☆」

11/10(土)名古屋グランパス戦 ファミリーマート・サークルK・サンクス限定『オリジナルシートクッション付Aゾーン席』発売のお知らせ
https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/41153

11月10日(土)に行われる2018明治安田生命J1リーグ第32節 名古屋グランパス戦の企画チケットとして、ファミリーマート・サークルK・サンクス店頭にて『オリジナルシートクッション付Aゾーン席』を販売いたします。
オリジナルシートクッション付Aゾーン席
ヨガマットと同じ素材を使ったオリジナルのシートクッション(H35cm×W40cm ※非売品)が付いたお得なチケット。チケット1枚につき同アイテムを1つプレゼントいたします。座席にピタッとフィットするクッションがスタジアムでの快適な観戦をお助けいたします。また、軽量でコンパクトにまとめて持ち運びが可能なので、他のレジャーでも大活躍間違いなしです

  • ■対象試合
    11月10日(土)14:00キックオフ(11:30開場予定)
    2018明治安田生命J1リーグ第32節
    清水エスパルスvs.名古屋グランパス@IAIスタジアム日本平

    ■席種・価格
    前売券:Aゾーン席大人4,200円(税込) / 小中高2,500円(税込)
    当日券:Aゾーン席大人4,700円(税込) / 小中高3,000円(税込)
    ※通常のAゾーン席も販売されておりますのでお間違えのないようにご注意ください。間違って購入したチケットの特典引換および払い戻しは受付けいたしかねます。なお、前売で完売した場合は当日券の販売はいたしません。

    ■販売数
    限定800枚

    何気にJリーグでも有数な攻撃的チームになりつつある清水エスパルスと、風間革命名古屋グランパスの対戦は、どう考えても大量得点の匂いがするお祭り試合になると考えます。
    必ず勝てるとは言えませんが、皆さんぜひご来場ください。

10/20(土)サンフレッチェ広島戦 『北川航也選手ポストカード』来場者プレゼントのお知らせ
https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/41193/

日本代表に初選出された北川航也選手が今節のサンフレッチェ広島戦でも躍動することを願い、そしてエスパルスサポーターの皆さんに、残りのホームゲームをスタジアムでサポートしていただきたいという気持ちを込め、来場者先着18,000名様に『北川航也選手ポストカード』をプレゼントいたしますので、お知らせいたします。~清水エスパルス公式HPより~

北川選手の活躍にあやかり便乗商法をするとは、クラブとして貪欲に換金しようとする姿勢に感服しました。
多分、今年の冬か来年の夏の移籍で旅立つ可能性が高い選手ではありますが、日本平で観られる日もあとわずかと思えば、配布されるポストカードを額縁に飾って彼のことを忘れまいと、つい感傷的な気分になってしまいます。

というのは、半分冗談でフライデーナイトJリーグの一件で味をしめたのか、餌(旬な人気選手のポストカード)で観客を釣ろうとする興行主としては良い姿勢だと思いました。

人気選手の場合、年俸より肖像権やCM等の出演料の方が儲けになると、テレビの暴露番組情報で学んだので、このポストカードが北川選手のボーナスになれば良いなって思う次第です。
やっぱり、プロのスポーツ選手として「華」は大切ですよね。

朝からショックで目が覚めた。

監物拓歩選手、早稲田大学スポーツ科学部(総合型選抜1群(トップアスリート入試))合格。

本人談「早大は文武両道。練習見学した時もひとり一人が考えてプレーしていて主体性があった。今より成長して(4年後清水に)帰ってきたい」と語った。

清水エスパルスにおいて、ユース→大学→トップの道が開けたことは以前(このブログでも)取り上げたけど、近年の清水エスパルスユースにおいてDFラインの規格はトップ並みに大きく、特にその中でも監物選手は必ず戦力になると確信していたので、大学進学はとても惜しいと感じました。

最近、大学生選手の躍進、目覚ましい活躍(天皇杯での活躍や、アジア選手権での台頭など)を見てると、大学恐るべしと感じていました。

しかし、今シーズンのようにファン・ソッコ選手&フレイレ選手という外国人CBに頼っている現状を憂いていた身としては、監物選手に対して大きな期待をしていました。※両外国人選手に不満は無く、長く清水にいて欲しいと願っています。

こうなったら2019年〜2023年シーズンは、外国人選手に頼るか立田選手&ベテランCBに任せるしか選択肢が無いと考えますので、監物選手には意地でも早稲田大学で活躍してもらいたいです。

本当に残念ですが、本人のコメントにあるように4年後を期待して待っています。


↑このページのトップヘ