新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。


第一幕(2018年シーズン振り返り)
リーグ戦8位
勝点49(14勝7分13敗)
Jリーグ杯
予選敗退
天皇杯
3回戦敗退
数字で判断すると一桁順位は2013年シーズン以来であり、久しぶりにJ1残留レースとは無縁でシーズンを終えることができました。
布陣は4-4-2で、バイタルエリアを固めサイドでボールを奪い素早いカウンターにより攻める戦い方でした。

2018年シーズンは監督交代という荒療治により不安と期待が半々という状態からのスタートでしたが、結果的に上々の結果だったと考えます。
しかし、カップ戦を犠牲にしてクラブの目標である一桁順位を達成したとも言い換えられ、連戦になると調子を崩し連敗し、日程に余裕があると快進撃をするという状態でした。

そして、監督が変わるとチームはガラッとやり方が変わるのが、清水エスパルスの良いところでもあり悪いところですが、ヤン監督のやり方は休日を多く設けるというスタイルでした。
今までは大体土曜日試合、日曜調整、月曜休み、火曜日~木曜日練習、金曜日練習&移動という周期でした。
しかし、ヤン監督は火曜日~金曜日の間に休みを入れ、長期休暇も多用しました。
結果的に、夏場の厳しい試合でも後半の運動量が落ちなかったことから優れた管理方法だったと考えます。

カップ戦を含めた過密日程対応が課題として残りましたが、チームとしての目標は達成したシーズンだったと言えます。

第二幕(2019年シーズン目標)
社長のお言葉通りなら、優勝の二文字しかないです。
ただし、リーグ戦で優勝するのか、カップ戦優勝+リーグ戦一桁順位なのかは分かりません。
個人的には、リーグ戦5位以内とカップ戦ベスト4以上なら飛躍したと思っても良いかなと考えます。
どちらにしても、2018年シーズンと同等では失敗だと思います。

第三幕(2019年背番号妄想)
まだ暫定ですが、仮ということで。
私の中で、清水エスパルスの10番は「チームの顔」と思っているため、巷で話題の10番移籍するな問題や10番の欠番運動に対して、成長著しいチームのエースを充てることにしました。
もちろん、世間一般で言うところの10番像とは全然違うけど、大前選手もFWなので目をつぶることにしました。


1西部洋平
2立田悠悟(CBで勝負する年なので28番より変更)  
3ファン・ソッコ
4エウシーニョ(来るか来ないか期待の外国人助っ人SB)
5鎌田翔雅
6竹内涼
7六平光成
8石毛秀樹(期待の表れ、活躍して欲しい。)
9鄭大世
10北川航也(色々考えたけど、欠番ではなくエースが背負うことになると踏んだ。)
11ドウグラス(期待しています)
12サポーター
13六反勇治
14水谷拓磨(期待の前倒し、頑張ってほしい)
15飯田貴敬(昔、足元が下手でも愛されたSBが居てだな…)
16西村恭史(5年後を見据えると一番成長を期待する選手の一人)
17河井陽介
18 中村 慶太 (忘れてすみません、4月に対戦した時の日本平でのプレーは覚えています。)
19金子翔太(そろそろ、30番は後輩に譲ってあげてください。)
20クリスラン(悩んだけど、残ってくれると期待している。)
21梅田透吾
22西澤健太(忘れてすみません、活躍を期待します。)
23平墳迅(意外と重い背番号だけど、頑張ってほしい。)
24増田誓志※稼働率から背番号は変わらないと踏んだ。
25松原后
26二見宏志※稼働率から背番号は変わらないと踏んだ。
27伊藤研太(飯田選手の次だと思っている)
28滝裕太(もしかしたら武者修行かもしれない)
29 高木和徹(初心に帰って精進ください。)
30髙橋大悟(君にとっての憧れの背番号だったよね)
34呉少聰(まだ新人と思っている。)

↓エスパ関連の楽しい記事はこちらから。
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村