J1順位表(17年度営業収入)
1
)川崎フロンターレ51.23億円)
2)サンフレッチェ広島34.24億円)
3)鹿島アントラーズ52.28億円)
4)コンサドーレ札幌26.76億円)
5)浦和レッズ79.71億円)
6FC東京45.88億円)
7)セレッソ大阪39.76億円)
8)清水エスパルス40.10億円)
9)ガンバ大阪49.66億円)
10)ヴィッセル神戸52.37億円)
11)ベガルタ仙台27.09億円)
12)横浜F・マリノス47.65億円)
13)湘南ベルマーレ15.66億円)
14)サガン鳥栖33.50億円)
15)名古屋グランパス45.94億円)
16)ジュビロ磐田38.28億円)
17)柏レイソル34.54億円)
18V・ファーレン長崎11.20億円)

こうして数字を並べると、清水エスパルスの躍進は経営規模的に順当という結論に達しました。

もちろん、監督の手腕と若手の成長、そして助っ人外国人の活躍という現場の頑張りあってこそですが、効率の良い経営資源の活用が実を結んだ結果と言えます。

個人的なことですが、ボーナスも少なくお給金が飛躍的上昇する要素も全くない中で、来年度のチケット代値上げは懐にとても痛いです。

しかしながら、経営的にJ1の頂きやアジア進出を目指すなら、最低限50億円は欲しいと思う気持ちも、このような客観的な数字で確認できるとはっきり解ります。

残念ですが、清水エスパルスに対してもう少し投資すべきという判断をせざるを得ないです。

 

↓エスパ関連の楽しい記事はこちらから。
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村