清水エスパルスシンクタンク

清水エスパルスの試合内容以外の部分、会社の姿勢や選手監督スタッフの評価などを文化人類学的なアプローチで語る。

 

昔は、冬の選手権と言えば静岡における正月の季語でした。
しかし、久しく優勝から遠のき関心もあまりなくなってきたのが現状だと感じています。

 

私自身関心が無かったですが、偶然試合を観ることになり、しかも決勝戦らしい気合いの入った良い試合だったため、魅入ってしまいました。
そして、再び静岡の地にサッカー王国を築くため、できることからコツコツと取り組むことは大前提ですが、今この決勝戦の舞台に立つことは出来ないと感じました。

 

その理由は、チームの戦術や全国から良い選手を集めるだけでは、決勝戦に進めないと思わせるとても優れた組織力に支えられたチームだと感じたからです。
青森山田高校は中学→高校に渡る巨大な組織(全国、地域のプリンスリーグと県リーグ全てに所属)を武器に、全国(世界)から集めた選手を総当たり的に育成することで安定した戦力を維持しています。
また、流経大柏高校は分析班と呼ばれるフタッフを抱え、試合中にスタッツを分析し戦術を修正する組織を育成しています。

 

プロのクラブなら、↑のような組織作りは当然行っていますが、アマチュアのしかもユース世代で、このような組織を持つのはズルいと正直思いました。
昔なら砂浜ダッシュなど地獄の猛特訓やチームの色(戦術)で優劣がついたため、指導者(監督)の方針が勝敗の行方を左右しました。
しかし、この試合を観て、現在高校サッカーで優勝するためには「一人の天才選手」や「名将と呼ばれる経験豊かな監督」だけでは叶わないという現実を突き付けられました。

 

近年清水エスパルスの育成世代は、選手を集める方法から選手の食生活、基礎体力作り等、優れた育成のノウハウを持っています。
しかし、静岡の地に大きく樹が育つためには肥沃な土壌が必要であり、その土壌は高校サッカーにあると思います。

私個人は、サッカー王国を「全国レベルの強豪校が静岡にたくさんある状態」と定義しています。
なので、ゴトビさんの時代に少しだけ企画された、高校のサッカー指導者を清水エスパルスの練習に招くという試みを、今一度再開してくれないかなと思う次第です。

 

大榎さんは本当に苦難の道を歩む人だと思いました。

期待半分不安半分ですが、自分で全部背負いこむようなことにならないことを切に願います。

大榎GMが語る展望にある、「育成型のクラブ」を実現するためには発掘→育成→戦力→売却の一連のサイクルを上手く回すことが大榎GMに課せられた使命だと考えます。


大榎
GMの語る具体的な改革は、以下の2つ。

育成スカウトの設置により、ジュニアユース世代から発掘することで、トップへ安定したユース世代の供給をする。

クラブ訓の作成により、選手監督の入れ代わっても清水エスパルスのサッカーは変わらないアイデンティティーを築く。

 

サッカー文化の根付いた地域のクラブ経営として、地域に寄り添うという経営姿勢はとても理にかなっていると考えます。

育成には時間がかかると思いますが、監督業と違い短期的な成果を求められいと思いますので、5年~10年かけて遠い昔遥か彼方の静岡に存在したというサッカー王国の復活を期待します。

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。


第一幕(2018年シーズン振り返り)
リーグ戦8位
勝点49(14勝7分13敗)
Jリーグ杯
予選敗退
天皇杯
3回戦敗退
数字で判断すると一桁順位は2013年シーズン以来であり、久しぶりにJ1残留レースとは無縁でシーズンを終えることができました。
布陣は4-4-2で、バイタルエリアを固めサイドでボールを奪い素早いカウンターにより攻める戦い方でした。

2018年シーズンは監督交代という荒療治により不安と期待が半々という状態からのスタートでしたが、結果的に上々の結果だったと考えます。
しかし、カップ戦を犠牲にしてクラブの目標である一桁順位を達成したとも言い換えられ、連戦になると調子を崩し連敗し、日程に余裕があると快進撃をするという状態でした。

そして、監督が変わるとチームはガラッとやり方が変わるのが、清水エスパルスの良いところでもあり悪いところですが、ヤン監督のやり方は休日を多く設けるというスタイルでした。
今までは大体土曜日試合、日曜調整、月曜休み、火曜日~木曜日練習、金曜日練習&移動という周期でした。
しかし、ヤン監督は火曜日~金曜日の間に休みを入れ、長期休暇も多用しました。
結果的に、夏場の厳しい試合でも後半の運動量が落ちなかったことから優れた管理方法だったと考えます。

カップ戦を含めた過密日程対応が課題として残りましたが、チームとしての目標は達成したシーズンだったと言えます。

第二幕(2019年シーズン目標)
社長のお言葉通りなら、優勝の二文字しかないです。
ただし、リーグ戦で優勝するのか、カップ戦優勝+リーグ戦一桁順位なのかは分かりません。
個人的には、リーグ戦5位以内とカップ戦ベスト4以上なら飛躍したと思っても良いかなと考えます。
どちらにしても、2018年シーズンと同等では失敗だと思います。

第三幕(2019年背番号妄想)
まだ暫定ですが、仮ということで。
私の中で、清水エスパルスの10番は「チームの顔」と思っているため、巷で話題の10番移籍するな問題や10番の欠番運動に対して、成長著しいチームのエースを充てることにしました。
もちろん、世間一般で言うところの10番像とは全然違うけど、大前選手もFWなので目をつぶることにしました。


1西部洋平
2立田悠悟(CBで勝負する年なので28番より変更)  
3ファン・ソッコ
4エウシーニョ(来るか来ないか期待の外国人助っ人SB)
5鎌田翔雅
6竹内涼
7六平光成
8石毛秀樹(期待の表れ、活躍して欲しい。)
9鄭大世
10北川航也(色々考えたけど、欠番ではなくエースが背負うことになると踏んだ。)
11ドウグラス(期待しています)
12サポーター
13六反勇治
14水谷拓磨(期待の前倒し、頑張ってほしい)
15飯田貴敬(昔、足元が下手でも愛されたSBが居てだな…)
16西村恭史(5年後を見据えると一番成長を期待する選手の一人)
17河井陽介
18 中村 慶太 (忘れてすみません、4月に対戦した時の日本平でのプレーは覚えています。)
19金子翔太(そろそろ、30番は後輩に譲ってあげてください。)
20クリスラン(悩んだけど、残ってくれると期待している。)
21梅田透吾
22西澤健太(忘れてすみません、活躍を期待します。)
23平墳迅(意外と重い背番号だけど、頑張ってほしい。)
24増田誓志※稼働率から背番号は変わらないと踏んだ。
25松原后
26二見宏志※稼働率から背番号は変わらないと踏んだ。
27伊藤研太(飯田選手の次だと思っている)
28滝裕太(もしかしたら武者修行かもしれない)
29 高木和徹(初心に帰って精進ください。)
30髙橋大悟(君にとっての憧れの背番号だったよね)
34呉少聰(まだ新人と思っている。)

↑このページのトップヘ