清水エスパルスシンクタンク

清水エスパルスの試合内容以外の部分、会社の姿勢や選手監督スタッフの評価などを文化人類学的なアプローチで語る。

ジュビロ磐田には悪いが、今回は踏み台になってもらった。

 

若干驚いたのは名波監督の采配で、負けが続いている清水エスパルスにとって中3日空けれるうえにホームで開催するこの静岡ダービーに対して主力をある程度出場させる可能性が高いと読まなかったことです。

 

または、今の清水エスパルスなら主力を温存しても勝てると踏んだ可能性もなくはないですが、それは甘いと言わざるを得ないです。

 

どちらにしろ、結果的に清水エスパルスは勝利という成果を得ることができたので、本当に良かったです。

 

降格した2015年シーズンに最優秀育成クラブ賞を受賞した際、いつかこの受賞がクラブの礎になると信じていましたので、ユース出身者が5人もピッチに立ち、決勝点を決める活躍することはとてもうれしいです。

 

 

最後に、この勢いを継続させるためにも日曜日のアウェーヴィッセル神戸戦は、勝ち点3を清水に持ち帰って欲しいです。

そして、公式戦3戦連発の滝選手が初先発となるかも注目です。

 

まだ勝っていないのか、ってか大量失点で2連敗とかマジあり得ない。
チケット代値上げしたのは、優勝目指すためじゃなかったのか。
これなら、中国にドウグラス選手売ってお金稼いだ方がクラブのためになったのではないか。

というようなネガティブ志向に陥りがちですが、私の中で清水エスパルスは良い方向に向かっていると感じています。
開幕戦(立田選手、北川選手、石毛選手)北川選手1得点
ホーム開幕戦(立田選手、北川選手、石毛選手、滝選手)滝選手1得点
札幌戦(立田選手、北川選手、石毛選手、滝選手)滝選手1得点

ユース出身の選手が毎試合3人以上出場し、毎試合得点を重ねています。
昔、ユースの平岡監督が何かのインタビューで、トップチームのスタメン全員がユース出身になるのが理想と言っていたと記憶しています。
個人的には、ユース半分、助っ人3人、ベテラン3人位のバランスが良いと思っていますが、清水という地域に根差したクラブの運営を考えると、平岡監督の言うことは良く解ります。

話を戻しますが、現在結果が出ていない中で、チームは3バックか4バックで迷走しています。
しかしながら、問題の本質はそこではなく、チームとしての一体感がないところにあると感じています。
今シーズン、トップ5に入ると気合十分で臨んでいますが、その気合が空回りし選手一人一人の意識のずれに繋がっていると感じます。

こういう目に見えない問題を解決する有効な手段はなかなか無いですが、ひとまず今週水曜日日本平でジュビロ磐田と公式戦があります。
若手の出場機会とか、ベテランが引っ張るとか、ルヴァンカップに対して想いは人それぞれですが、「勝利」のためにベストメンバーで戦い、結果を出すことが大事だと考えます。
ゴトビさんも、「勝利はチームにとってビタミンのようなもの」と言っていました。

とにかく勝って、勢いをつけないとどんどん悪い方向に転がってしまいます。
勝利は続くよどこまでも、とはジュビロ磐田の人々も言っていますので、ぜひ勝ってください。



先週のJ1リーグ開幕戦を引き分けという最低限の結果で終えた反面、エース北川選手のゴールで景気よく始まったという印象です。
今週末行われるホーム開幕戦では、前節横浜Fマリノスと壮絶な撃ち合いの末惜しくも敗れたガンバ大阪を迎えます。
ガンバ大阪は、3失点したことから守備の隙は多いのではないかと予想します。
しかし、ホーム日本平スタジアムでガンバ大阪に勝ったのは、2017年くらいしか記憶にないため、かなり厳しい闘いになると考えます。
ホームでは勝ち点3を得ることが優勝するチームの絶対条件なので、選手には強い気持ちで試合に臨むことを期待しています。
また、前節負傷退場したGK六反選手、不整脈で治療中のドウグラス選手が出場できるのか?
アンダー世代日本代表の滝選手、(ユース育ち)大卒ルーキーの西澤選手、六平選手の出場機会があるのかは注目です。
優勝を望むなら、開幕5試合で勝ち点10は欲しいので、少なくともホームは必勝でお願いします。(残留争いのボーダーは5試合で勝ち点6)

最後に、チケット代値上げしたことで資金力に余裕が生まれたのか、ドウグラス選手に対する中国からのオファーをクラブは蹴ったとのことでした。
喜ばしい限りです。

↑このページのトップヘ